ヒアリングとスピーキング教材 1(サンプル動画とテキスト)

posted in: お知らせ | 0

ピーターラビットの話/The tale of Peter Rabbit
Beatrix Potter (public domain)  
全訳:工藤、朗読:シドニー

サンプル動画


挿絵1、ピーターラビット


挿絵2、モミの木の下に住んでいるピーターラビットたち

Once upon a time(むかしむかし) there were four little Rabbits, and their name
were Fropsy, Mopsy, Cotton-tail, and Peter.
むかしむかしあるところに、子うさぎが4匹いました。
彼らの名前は、フロプシー、モプシー、コットンテイル、そして、ピーターラビットでした。

They lived with their Mother in a sand-bank, underneath the root of a very big fir-tree.
彼らは、お母さんといっしょに砂の穴(土手,砂州)に住んでいて、それは、大きなモミの木の根の下でした。

“Now, my dears(親しい人たち),”said old Mrs. Rabbit one morning.
「さあ、私の子供たち」ある朝、年配のラビット夫人が言いました。

“you may go to the fields or down the lane, but don’t go into Mr. McGregor’s garden.
「あなたたちは、野原か小道のまわりかに、行ってもいいですよ、
だけど、マクレガーさんの庭の中に入ってはいけませんよ。

“Your father had an accident(事故) there;he was put in a pie by Mrs. McGregor.
あなたたちのお父さんは、そこで、ある不幸な事故にあって、マクレガー夫人のパイに入れられてしまったのよ。」


挿絵3 かごと傘を持ってパン屋さんにでかけるおかあさんウサギ

“Now run along,and don’t get into mischif(いたずら).I’m going out.”
「さあ、走って。だけど、いたずらしちゃだめよ。わたしは、出かけますからね。」

Then old Mrs. Rabitt took a basket and her umbrella(傘), and went through the wood to the baker’s(パン屋).
年配のラビット夫人は、かごと傘を持って林を抜けてパン屋さんまで行きました。

She bought a loaf(ひとかたまり) of brown bread and five currant buns(ブドウパン).
彼女はブラウンブレッド一斤と、ブドウパン五つを持って帰りました。

Flopsy, Mopsy, and Cotton-tail, who were good little bunnies, went down the lane to gather(集める) blackberries(黒イチゴ);
フロプシー、モプシー、コットンテイルは、良い子ウサギだったので、
小道のまわりで、黒いちごを集めました。


挿絵4、マクレガーさんの家の門の下をくぐるピーター

But Peter, who was very nauty(悪い), ran straight away to Mr.McGregor’s garden, and squeezed(しぼる、ねじる) under the gate!
しかし、ピーターはとてもいたずらな子だったので、マクレガーさんの庭に向かってまっすぐに走って行って、木戸(門)の下に体をよじって入り込みました。

 First he ate some lettuces and some French beans(インゲン豆); and then he ate some radishs(はつかだいこん);
まず最初にレタスを食べ、それからインゲン豆、そしてはつかだいこんを食べました。

And then, feeling rather(かなり) sick、he went to look for pasley.
その後、かなり気持ちが悪くなったので、パセリを探しました。


挿絵5、マクレガーさんにみつかってしまったピーター

 But round(近く) the end of a cucumber(きゅうり)frame(枠), whom should he meet but Mr. McGregor!
きゅうりの枠(苗床)の近くで、なんとマクレガーさんにばったり出くわしてしまいました。


挿絵6、熊手を持ったマクレガーさんに追われているピーター

 Mr.McGregor was on his hands and knees planting out young cabbages(きゃべつ), but he jumped up and ran after Peter, waving(振り回す) a rake(熊手) and calling(呼ぶ) out, “Stop thie!”
マクレガーさんは、両手と両ひざをついて、キャベツの苗を植えていましたが、飛び上がって、熊手を振り回しながら、「とまれ、泥棒。」と言いながら、ピーターの後を追いかけました。

Peter was most dreadfully(怖ろしいほどに) frightened(驚く) ;
ピーターはものすごく、驚きました。

He rushed all over the garden, for he had forgotten(忘れる)the way back to o the gate.
彼は、木戸(門)に戻る道を忘れてしまったので、庭中を走り回りました。

He lost one of his shoes among the cabbages, and the other shoes amongst (amongと同じ)the potatoes.
キャベツ(畑)の中に片方の靴をなくし、もう一つは、ジャガイモ(畑)の中でなくしてしまいました。


挿絵7、網にボタンが引っかかってしまったピーター

After losing them, he ran on four legs and went faster, so that I think he might have got away(逃げる) altogether(完全に) if he had not unfortunately run into a gooseberry net, and got caught by the large button on his jacket.
靴を両方なくしたあと、彼は、四つ足で、今までよりも早く走りました。そうだったので、私が思うに、もし彼が、運悪くグーズベリー(西洋スグリ)の網に飛び込んで、彼のジャケットの大きなボタンが引っかかってしまうことがなければ、彼は完全に逃げることができたと思うのです。

It was a blue jacket with brass(真鍮の) bottons, quite new.
そのジャケットは、青色で、真鍮(しんちゅう)のボタンがついた新しい物だったのです。

Peter gave himself up for lost,and shed(流す) big tears;
ピーターはもう死んだも同然とあきらめて、大粒の涙をながしました。

but his sob(泣き声) was overheard(遠くから聞こえる) by some friendly sparrows(すずめ), who flew to him in great excitement(興奮して), and implored(懇願する) him to exert himself(頑張る).
しかし、かれのむせび泣く声を、やさしいスズメたちは聞きつけ、ピーターの所に飛んで行って、懸命に、頑張るように励ました。


挿絵8 ふるいを頭にかぶせられそうになるピーター

Mr. McGregor came up with a sieve(ふるい), which he intended to pop upon the top of Peter ;
マクレガーさんはふるいを持って、ピーターの頭にかぶせようとしました。

but Peter wriggled(身をよじる) out just in time, leaving his jacket behind him.
しかし、ピーター、ジャストのタイミングで間に合って、身をよじってネットから抜け出し、ジャケットをそのままほっておいて逃げました。


挿絵9 じょうろの中に飛び込むピーター

And rushed into the tool-shed(物置), and jumped into a can.
そして、物置に突進して、じょうろの缶の中にジャンプして入りました。

It would have been a beautiful thing to hide(隠れる) in,
それは、かくれるのに素敵な所のはずでした。

if it had not had so much water in it.
もし、水がたくさん入ってなかったら。

Mr. McGregor was quite sure(確信する) that Peter was somewhere in the tool-shed, perhaps hidden underneath a flower pot(植木鉢).
マクレガーさんはピーターが物置のどこかにいるに違いないと思いました。
たぶん、植木鉢の下に隠れているんじゃないか、と。


挿絵10、植木鉢をひっくり返してピーターをさがしているマクレガーさん

He began to turn(ひっくり返す) them over carefully, looking under each.
彼は植木鉢を注意深くひっくり返し、その下をしらべ始めました。

Presently Peter sneezed(くしゃみをする) -“Kertyschoo!”
その時、ピーターはくしゃみをしました。「ハクション(カーシュ)」。


挿絵11、植木鉢をひっくりかえしながら逃げるピーター

Mr.McGregor was after him in no time(すぐさま), and try to put his foot upon Peter,
マクレガーさんはすぐさま追いかけピーターを足で押さえつけようとしましたが、

who jumped out of a window, upsetting(ひっくりかえる) three plants.
ピーターは窓からジャンプして外に逃げ、そのはずみで、植木鉢が3本ひっくり返りました。

The window was too small for McGregor, and he was tired(疲れる) of running after(追いかける) Peter.
窓は、マクレガーさんにとっては小さすぎ、結局、ピーターを走って追いかけるのに疲れてしまいました。

He want back to his work.
マクレガーさんは彼の仕事にもどりました。

Peter sat down to rest(休む);
ピーターは休むために座りこみました。
he was out of breath(呼吸) and trembling(ふるえる) with freight(恐怖),
and he had not the least(最も少ない) idea(考え) which way to go.
息が切れて、怖くて震えました。
そしてどっちの道に行けばいいのか、少しの考えも浮かびませんでした。

Also he eas very dump(濡れて) with sitting in that can(じょうろ缶).
しかも、じょうろの中に座っていたのでとても濡れてました。

After a time he began to wander about, going lippity-lippity-not very fast, and looking all around.
少したってから、まわりを、ぴょんぴょん、ゆっくりはねながら、まわりをうろつき始め、周囲を全部見ました。

He found a door in a wall;
彼は壁に戸があるのを見つけました。


挿絵12、戸の下にいるはつかねずみを見つめるピーター

But it was locked(鍵がかかる),
しかし、鍵がかかっていました

and there was no room(隙間、部屋) for a fat(太った) little rabbit to squeeze underneath.
そしてそこには太った子ウサギうさぎが下をくぐるってはい出る隙間はありませんでした。

An old mouse(はつかねずみ) was running in and out over(~を越えて) the stone door step(踏み石), carrying(運ぶ) peas(エンドウ豆) and beans(豆、インゲン豆)) to her family in the wood.
年よりのはつかねずみが、エンドウ豆とインゲン豆を林の中の彼女の家族に運ぶために入口の踏み石の上を、走りながら入ったり出たりしてました。

Peter asked her the way to the gate,
ピーターは彼女に木戸(門)へ行く道を尋ねました。

but she had such a large pea in her mouth that she could not answer.
しかし彼女は、大きなエンドウ豆を口の中に入れていたので、答えることができませんでした。

She only shook her head(頭) at him.
彼女はピーターに対して、首を振るだけでした。

Pster began to cry(泣く、叫ぶ).
ピーターは泣きだしました。

Then he tried to find(探す、見つける) his way straight across(横切る) the garden,
それからピーターはまっすぐ庭を横切って道を見つけようとしましたが、

but he became more and more puzzled(困る).
ますますわからなくなってしまいました。

Presently, he came to a pond where Mr. Gregor filled(満たす) his water-cans(じょうろ).
今、ピーターは、マクレガーさんがじょうろに入れる水をくんだ池に来ました。


挿絵13 金魚を見ている白猫

A white cat was staring(見つめる、じっと見る) at some gold-fish;
白い猫が何匹かいる金魚を見つめていました。

she sat very very still(動かないでいる)
but now and then the tip(先) of her tail(尾、話) twitched(震える) as if it were alive.
彼女は、とてもじっとしていましたが、
時々、しっぽの先は、まるで生きているみたいに震えていました。

Peter thought it best to go away(立ち去る) without speaking to her;
ピーターは彼女に話しかけずにそこから去っていくのが一番だと思いました。

He had heard about cats from his cousin, little Benjamin Bunny.
彼はいとこの小さいベンジャミンバニーから猫について聞いたことがあったのです。

He went back towards the tool-shed,
but suddenly, quite close to him, he he heard a noise of a hoe-sc-r-ritch,
scratch, scratch, scratch.
ピーターは、物置に向かって戻って行きましたが、
突然、ピーターのすぐそばで、キーキーという音が聞こえました。

Peter scuttered(ちょこちょこはしる) underneath the bushes.
ピーターは繁みの下をちょこちょこと走りました。

But presently, as nothong happened, he came out, and climed upon a wheelbarrow(手押し車), peeped(のぞく) over.
しかし今は、何も起こらなかったので、そこから出て手押し車の上に登ってそこから外をのぞき見ていました。


挿絵14、手押し車からは、マクレガーさんを見るピーター

The first thing he saw was Mr.Mcgregor horing(掘り起こす、耕す) onions.
最初に、マクレガーさんは玉ねぎを鋤で耕しているのが、見えました。

His back(背中) was turned towards Peter, and beyond him was the gate!
マクレガーさんの背中がピーターの方に向き、その彼の頭越しに木戸がありました。

Peter got down very quietly off the wheelbarrow
and started running as fast as he could go(できるだけ早く),along a straight walk behind some black-currant bushes.
ピーターはそっと静かに手押し車から降り、
全速力で、いくつかの黒すぐりの繁みの後ろのまっすぐな道に沿って走り始めました。

Mr. McGregor caught sight(目に入る) of him at the corner,
but Peter did not care.
マクレガーさんは角でピーターが目に入りましたが、
ピーターはそんなことにかまっていられません。


挿絵15 木戸の下をくぐって逃げるピーター

He slipped underneath the gate, and was safe at last in the wood outside the garden.
彼は木戸の下に滑りこみ、ついに庭の外側の林に行って無事でした。


挿絵16、かかしにかけられたピーターのジャケットと靴

Mr.McGregor hang up(掛ける) the little jacket and the shoes for a scarecrow(かかし) to freighten the blackbirds(クロウタドリ).
マグレガーさんは小さなジャネットと靴を、クロウタドリを驚かせるためにかかしに引っかけました。

Peter never stopped running or looked behind him till he got home to the big fir-tree.
ピーターは大きなモミの木の家に着くまで、決して止まらず走り続け、振り返りもしませんでした。


挿絵17、モミの木の家にもどるピーター

He was so tired that he flopped down(ばったりたおれる) upon the nice soft sand on the floor of the rabbit-hole, and shut his eyes.
彼はとても疲れたのでウサギの穴の床の上の素敵な柔らかい砂の上にばったり倒れ、目を閉じました。

His mother was busy cooking;
彼のお母さんは忙しく料理中でした。


挿絵18、ピーターを見つめるおかあさんウサギ

she wondered what he had done with his clothes.
彼女はピーターが服をどうしたのか不思議でした。
It was the second his jacket and pair of shoes that he lost in a fortnight(2週間)!
彼は小さいジャケットと靴を、2週間のうちに2回なくしたのでした。
I am very sorry to say that Peter was not very well during the evening.
私は、夕方、ピーターは夕方具合が悪かった、という事を言うのはとても残念です。


挿絵19、カモミール茶を作っているおかあさん

His mother put him to bed、and made some camomile tea;
彼のお母さんは彼をベッドに置いて、カモミールティー(風邪薬)を作りました。

and she gave a dose(分量) of it to Peter!
そして、1回分の量をピーターにあげました。

“One table spoonful to be taken at bed-time(就寝時間).”
「テーブルスプーン(大さじ)1杯、寝る前に飲むのよ。」


挿絵20、夕食を食べている3匹の姉妹

But Flopsy, Mopsy, and Cotton-tail had bread and milk and blackberries(くろすぐり) for supper(夕食).
しかし、フロプシー、モプシー、そしてコットンテイルは、夕食にパンとミルクと黒スグリを食べました。

The End
おしまい