キツネ君 / 大学入試

posted in: ブログ | 0

マンガで覚える英文法に登場する操り人形のキツネ君とシドニーさんです。
人形は飯田橋の「パペットハウス」で5年くらい前に購入しました。
制作者は日本人で,米国の人形制作部門で入賞歴あり、テレビ出演もしておりました。
なお、キツネ君の声は、教材の前半は、この人形を上から操ってるシドニーさんで、後半は、ビアンカさんです。

英文法1の登場場面、口がぱくぱく動きます。

大学入試

入学共通テスト2021年英語 (リーディングとヒアリング)に関しては、ネットで検索すると、昨年との変更点、傾向、平均点、いろいろ情報が載っています。
子供たちが、早く英語が好きになって、数年後の共通テストや大学入試で目標の点数を取って、志望校に行けるようになることが、教材制作の目的です。
そのためにまず、楽しめるものを作りました。

「英文法1」の人形劇はアメリカの子供向けのテレビ番組「セサミストリート」とちょっと似てます。
人気があるらしく放映は50年以上続いてます。