「初恋」ツルゲーネフ作の朗読(1回目)

posted in: ブログ | 0

タチアーナさん 
「初恋」ツルゲーネフ作 の朗読の第1回目を、先月行いました。

ロシア語の朗読中(スタジオ内)の様子です。
抜粋ではなく、小説の全文朗読です。
岩波文庫(翻訳)では、120ページで、さほど長いものではありません。全部で2時間半くらいだと思います。

朗読CDの中に、ピアノ(チェンバロ)曲もしくはヴァイオリン曲を挿入予定です。

録音の様子は、動画付きでホームページ(お知らせ欄)に、近日公開いたします。

CDの価格は3,000円(対訳等、本はありません)で、発売は2022年です。

ツルゲーネフの「初恋」は、自伝的物語と言われ、主人公ジナイーダは、ツルゲーネフの作品中、最もユニークな女性像とされているそうです。